シンプルでナチュラルな家づくり

シンプルでナチュラルな家づくりの記録。北欧雑貨、収納、コスメなど好きなことを綴っています。

*

住み心地

塗り壁の感想

投稿日:2009-09-17 更新日:

September 17, 2009
我が家は、塗り壁です。
珪藻土ではないのですが、卵の殻でできた新素材の塗り壁です。
TIMBER YARDでは、TIMBER YARD WORKS ORIGINAL COATと呼んでいます。
見た目も効果もほとんど同じようで、価格が珪藻土より抑えられるということでこれを採用しました。
塗り壁を実際に使っている感想などをよく質問でいただくので、
今日は、この塗り壁の住み心地について書きます。
(*珪藻土ではないので、珪藻土の塗り壁についてはわかりません。)
まずは、『 メリット
①味がある。質感が好き。
⇒塗り壁独特の雰囲気があってとても可愛いです。
調質効果がある。
⇒これについては、イマイチよく分かりません。
静電気が発生しにくく、クロスよりもホコリが付きにくい。
⇒住んで2年になりますが、確かに壁にホコリはついてません。
そしてそして、『 デメリット
①汚れがつきやすい。
⇒とにかく、汚れがつきやすいです。子供たちの手垢(特に玄関がヒドイ!)、何かで擦ってしまうと線がはいります。汚れは、固く絞った雑巾や劇落ち君などでこするととれますが、塗装を削っているのであまりやりすぎると下地が見えてきてしまいます。
剥がれ やすい。
⇒掃除機のコードなどが壁の角にあたるとこすれて剥がれてくるし、角に物を強くぶつけると剥がれ易いです。ですから、幅木は必須です。ないと、掃除機をかけるもの大変な作業になります。
クラックヒビ割れ)がはいる。
⇒住んですぐに壁の隅、境目にクラックが入り、日がたつにつれてひどくなってきました。入居して1年後にクラックを埋める補修をしてもらいました。補修後は、それ程ひどいクラックはできていません。クラックは、クロスの家でもおこるみたいですが・・・。
部分補修しにくい。
⇒まだ壁がキレイな最初のうちは、汚れた部分だけ予備でもらっていた塗料を筆でササッとぬればきれいになりました。でも、今それをすると新しく塗ったとこだけキレイすぎて浮いてしまいます。補修する時は、一面塗り直さないといけません。

塗り壁

以上、住んでみての感想は圧倒的に、住みにくいです~(笑)!
特に、毎日掃除機をかけるんですが、コードや掃除機自体が
壁や角に当たらないかと気にしながらの作業は正直わずらわしいです。
壁に釘や画鋲を気軽にうてなくもなりました。
未だ、リビングのカレンダーと掛け時計用の穴しかあけることができず不便な毎日。
気持ちの問題なんだと思いますが、一度穴を開けてしまったらとっても目立つような
気がして・・・。そこから、ポロポロ剥がれてきても嫌だし・・・。
生活のし易さ、利便性をとるなら、やはりクロスだと思います。
汚れや、剥がれなどに神経質になる人にはあまりお薦めできません。
うちは、塗り壁の質感、雰囲気にはとても満足していますが、
見た目はあまり変わらないので、珪藻土クロスでも良かったかなぁと思ってます。
もし、もう一度家を建てるなら・・・、天井は珪藻土・壁は珪藻土クロスにするかなぁ。
まぁ、小さい子供がたくさんいる上で初めから覚悟して使ってますから、
汚れようが、剥がれてきようが、だんだん気にならなくなってきました。
っていうか、気にしてたら疲れる・・・(笑)
いつか塗りなおせばいいんだし、塗るなら今度は色とかもつけてみたいなぁ♪
なんて思えるようになった現在です。
*塗り壁の感想(補足)も読んでくださいね。

応援クリックしてくれるとウレシイデス ! ⇒ ナチュラルインテリア 人気ブログランキング

-住み心地
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© シンプルでナチュラルな家づくり , 2020 All Rights Reserved.